【Vol.25】いまだアナログな農業界。現役農家さんが作り出す農業界のDX化の未来とは?

【Vol.25】いまだアナログな農業界。現役農家さんが作り出す農業界のDX化の未来とは?

F DX IMPACT

株式会社Agrihub 代表取締役 伊藤 彰一 氏/MC:ブラッシュアップ・ジャパン 下稲葉 渡邉

2022年1月6日 19:00〜20:00

視聴予約する

ご登録いただいたメールアドレスに
視聴用URLをお送りします。

HIGHLIGHT

このウェビナーの見どころ!

  • DXに関心はあるけど、実際はよく分からない…そんな経営者と、DX業界に興味を持つ若者を対象に、ゲストとの対談を通じDXを学ぶ番組!
  • 日本のDX化推進をけん引する企業の経営者をゲストにお迎えし、具体的なサービス詳細や導入メリットなどをお伺いしながら 激変する未来のワークスタイルをお伝えしていきます!
  • 経営も、働き方も、日本の未来も、あっという間に大きく変わる…そんなDX化がもたらすインパクトについて具体例を交えながら学べます

第25回放送のゲストは…!

株式会社Agrihub 代表取締役 伊藤 彰一 氏をお迎えし、第25回放送をお届けします。

同社は農家が作った農家のためのアプリ:アグリハブ、農産物取扱事業者向けDX saas:アグリハブクラウドを手掛けております。伊藤氏は"プログラミングもできる農家"ということで、その異色なご経歴から開発の経緯、農業DXで実現したい未来まで、様々お聞きしてまいります。

現役農家さんが作り出す農業界のDX化の未来とは?

農家さんのお仕事の中には、農薬管理や日々の生育状況の確認など様々な業務がありますが、その業務1つ1つが"紙"などアナログで進んでいるそうです。農薬を調べるときは分厚い農薬書を開き1つ1つ調べていく必要があり、それだけでも膨大な時間がかかる現状があります。そんな現状に疑問を覚え、エンジニア経験のある伊藤氏が作り出したアプリがアグリハブ。今では広告費をかけていないにもかかわらず、会員登録者数が1万名を突破。農業界のデジタル化に日々注目が集まっています。農業界のDX化の未来とは?ぜひご覧ください。

株式会社Agrihub 代表取締役 伊藤 彰一 氏

2010年に都内の企業にエンジニアとして就職。2016年に就農。ミニトマトやとうもろこし、枝豆などを1ヘクタールで栽培する農家でもある。農家が作った農家のためのアプリ:アグリハブ、農産物取扱事業者向けDX saas:アグリハブクラウドを手掛けており、『アグリハブ』の開発から運用までを担う。アプリは会員登録者は1万人を突破。DXで目指すことは、農業界の破壊的イノベーション、デジタル農協を目指す。

▶株式会社Agrihub|ホームページはこちら

このウェビナーを見た方におすすめのウェビナー

  • 【◆高度な専門知識を習得して稼ぎたい人必見!◆事業用不動産のコンサルティング営業職を未経験OKで募集します!】あなたも専門知識を身につけて不動産コンサルタントとして活躍していきませんか?20代で年収1000万円クラスも夢ではありません。◎土日休み◎転勤なし◎「いい就職ドットコム」経由で入社した先輩社員が活躍中◎

    (株)ハーキュリーズ・リアルティ

    S 求人紹介

    2021年02月12日公開〜2021年12月31日終了予定

    ■現物不動産および不動産担保付債権の調査・デューデリジェンス ■不動産売買仲介業務 ■信託受益権販売業務 ■不動産投資および運用に関するコンサルティング

  • 【第49回】売上を支え拡散してくれるファン。特許取得済みの「ファンマーケティング」支援の形とは?

    株式会社BOKURA 代表取締役 宍戸 崇裕 氏

    MC:ブラッシュアップ・ジャパン 神屋敷 山田

    S STUDY 経営魂

    1970年01月01日公開〜1970年01月01日終了予定

  • 【Vol.72】DXで重要なことは顧客視点?マーケティング視点のDXで日本の新しい幸せを生みましょう

    江端浩人事務所

    代表 情報経営イノベーション専門職大学教授 江端浩人 氏/MC:ブラッシュアップ・ジャパン 樋口 ファン

    S DX IMPACT STUDY

    2022年04月06日公開〜2023年04月30日終了予定